子どもを育てる・伸ばす教育塾。埼玉県久喜市|星学院

久喜の教育を「変える」塾、星学院。「教え」「育てる」教育塾です。

星学院

HOME ≫ 星学院からのお知らせ

星学院からのお知らせ

【塾長ブログ】海外に行くおもしろさ

0000527436.jpg
みなさん、こんばんは!
塾長の新井です。今日は「海外に行くおもしろさ」というお話をしていきたいと思います。

生徒の皆さんは都度話しているからご存知かと思いますが、私は学生時代、海外に行く機会が多くありました。青春18きっぷを使い、国内47都道府県を制覇したことで「海外へ行きたい」という意識が開花したのです。
...
そんなこともあって、アルバイトをしては海外旅行に行きということを繰り返していました。もちろん、単純な旅行に限らず、研修や、国際学会、仕事などあらゆる機会で海外へ行ってきた次第です。

その中でも、非常に想い出に残っているのが、大学3年生の時にロシアへ行った時のことです。プーチン大統領やメドヴェージェフ首相を輩出したことで知られるサンクトペテルブルグ国立大学の学生さんたちと両国が抱える国際問題について話し合う機会が設けられました。

その中のテーマの1つが「両国が抱える環境問題」でした。どういう経緯だったかは忘れましたが、「水道水」に関する話題になったのを覚えています。

サンクトペテルブルグに行ったことがある人はご存知かもしれませんが、同都市の水道水は、色こそないものの、錆の匂いがはっきりと分かるくらい質が悪いものでした。日本では蛇口をひねれば、飲用としても使える水が流れてきますから、それと比較すると「ありえない」状態です。

しかしロシアの学生さんたちは、それを「当たり前」と感じ、「ありえないとは思わない」とお話してくれました。なぜならば、「水道代がかからない」からなのだそうです。逆に日本の水道が有料であることの方が「ありえないと思う」とコメントがあったくらいでした。

このとき、自分の中にある当たり前が、実は「当たり前ではない」と知ったのです。とてもワクワクしましたし、もっと知りたいと思うようになりました。

おそらく日本にいたら、絶対に感じることができなかった気持ちでしょう。

ロシアに限った話ではありませんが、海外にいくことの魅力はそこにあるように思います。

「知らないことを知れる」これこそ、学ぶ面白さですし、海外に行く意味かと思います。

規制緩和の流れで、海外にいくことのボーダーは日に日に低下してきています。生徒の皆さん、ぜひ機会があったら海外に出かけてみてください! きっと日本では体験できないようなワクワクが待っていますよ!

【写真】左側で司会をしているのが私です。ロシアに行ってから7年。今でも連絡をくれる人がいるのは嬉しい限りです。

塾長:新井
電話:0480-53-8882(月~土14時00分~22時30分)
E-mail:ryohei.arai@hoshi-gakuin.com
 

コメント

星学院

0480-53-8882

埼玉県久喜市久喜中央
1丁目3番地13号

営業時間
13時00分〜22時00分
※休日や時間外は代表の携帯電話に転送されます

学院概要こちらから

モバイルサイト

星学院モバイルサイトQRコード

星学院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!