子どもを育てる・伸ばす教育塾。埼玉県久喜市|星学院

久喜の教育を「変える」塾、星学院。「教え」「育てる」教育塾です。

星学院

HOME ≫ 星学院からのお知らせ

星学院からのお知らせ

【代表ブログ】本質まで辿ることの重要さ

0000351528.jpg
こんばんは!
代表の新井です。今日は、先日知人から教えてもらった話で、明日から話したくなってしまう雑学をご紹介していきたいと思います。
 
誰しもが、カフェなどでコーヒー・紅茶を頼んだことがあると思います。味オンチながら、私もコーヒーが大好きなので、よく飲む機会があります。その際に、必ずと言ってよいほど、コーヒーカップの下に受け皿が出てきますよね。この皿のことを「ソーサー」と言います。
 
個人的には、この皿が意外と邪魔だったりするので「何で皿が付いてくるのだろう...」と思っていました。その道のプロ曰く、この皿の存在意義は、コーヒーなどの飲み物がこぼれても下を汚さないためなのだそうです。
 
しかし、この皿、昔は別の意味で使われていたのだとか。それは...「熱い飲み物を冷ますため、受け皿にこぼして飲む」ということです。「飲みにくくないか」と突っ込みたくなりましたが、この起源は非常に面白いと感じた次第です。
 
ここから、言いたいことは、ちょっとした疑問も本質まで辿ってみると意外と面白い発見に繋がるということです。学習においても同じことが言えるでしょう。私達もそこまで掘り下げてお話できるように日々学びを重ねていきます。
 
P.S.
写真の通り、紅茶で実践してみましたが、皆さんはぜひ真似しないようにお願いします(笑)
2016年02月17日 00:00 |コメント|

【代表ブログ】ゴールは受験のその先に

打ち合わせ

こんばんは!
代表の新井です。本日よりホシガク代表コーチブログがホームページでも閲覧できるようになりました。毎日、ホシガクの今をお伝えしていきますので、お楽しみに!!

さてさて、今日は「進学の意義を考える」というお話をしていきたいと思います。

ところで、皆さんは埼玉県の高校中退者数がどの程度いるかご存知でしょうか。2007年の文科省調査によれば約3800人となっています。これは高校進学 者数の約2.2%に相当する値です。2.2%と言うと、少ない気もするかもしれませんが、単純計算で50人に1人以上が卒業をすることなく高校を去ってい る訳ですから、決して少ないわけではありません。

退学の理由ですが...同推計によれば、主な理由は「もともと高校生活に意欲がない」「授業に興味がわかない」「人間関係がうまく保てない」などとなっています。

もちろん退学が悪いという訳ではありません。途中で何らかの目標を見つけて進路を変更するということも考えられますからね。ただし、悲しい思いをして学校を去る子が多いのは、私達としても心が痛む限りです。

では、どのようにすれば、この値を少なくしていくことができるのでしょうか。ホシガクでは、その答えの一つが将来の道を描くことにあると考えています。

当たり前と言われるかもしれませんが、将来目標を設定することで、「子ども自身が」自分で自分を見つめなおし、自分の意思にもとづいて学びを展開できるのが理想な訳です。

ホシガクのホームページ(TOPページ)にもありますが、「ゴールは受験のその先に」あるのです。

ぜひ、ご家庭でお子さんの進学についてお考えになる際は、偏差値や学校の成績だけではなく、どのような将来を描きたいのか、じっくり話し合ってみてください。進学先で「顔晴る(がんばる)」お子さんの姿を見るために。

私達は、そんな皆さんのパートナーです!!

2016年02月16日 01:00 |コメント|

星学院

0480-53-8882

埼玉県久喜市久喜中央
1丁目3番地13号

営業時間
13時00分〜22時00分
※休日や時間外は代表の携帯電話に転送されます

学院概要こちらから

モバイルサイト

星学院モバイルサイトQRコード

星学院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!