子どもを育てる・伸ばす教育塾。埼玉県久喜市|星学院

久喜の教育を「変える」塾、星学院。「教え」「育てる」教育塾です。

星学院

HOME ≫ 星学院からのお知らせ

星学院からのお知らせ

【塾長ブログ】国語をもっと面白く!

0000461434.jpg

こんばんは! 塾長の新井です。
今日は「国語をもっと面白く!」というお話をしていきたいと思います。

悲しいことですが… 小学生や中学生に聞くと国語の学習を嫌う人が多くいます。もう少し掘り下げてお話を聞いてみると、読書が嫌いだったり、文章を書いて表現することが嫌いだったり、ニュアンスを読み取るということが嫌いだったりといった意見を多く耳にしました。

もちろん、これらの能力は、大人になってからも使うものです。しかし、それ以前にSNSが発達している今日においては、友達同士の会話でも微妙なニュアンスを読み取り、レスポンスしていく(文章で表現していく)力が求められると思うのです。

そう考えると、やはり国語力をつけておくことは重要なことでしょう。

しかし、面白くなくては学習の効果が低下してしまいます。そこで、星学院の国語科指導では、様々な工夫をこらしています。

一例をご紹介しましょう。小学4年生の児童のケースです。この児童は、絵を書くことが得意ということで、学習単元の紙芝居を一緒に作成しています。(写真は、現在学習中の『白いぼうし(あまんきみこ,ポプラ社)』の教科書掲載シーンの1つです。)

こうすることで、どの文からどの文までを1枚の絵に収めなくてはならないのか場面分けを考えられるほか、文章では伝わらない細かな心情の変化なども読み取 ることができます。また、このステップをふむことで、ワークの内容理解問題や表現の問題にも抵抗なく移項することが可能となります。

この他にも、漢字をパーツ分けしてパズルにして部首とつくりを覚えたり、物語の続編を考えたり、国語を面白いと思ってもらえる機会をどんどん用意しています!

やはり学習は楽しくないと! 今日もそんなことを意識しつつ授業に臨んでいます。

2017年04月19日 20:30 |コメント|

【塾長ブログ】入学式を終えた今すべきこと!

0000459033.jpg

こんばんは! 塾長の新井です。
年度末・年度初めでバタバタしてしまい更新が滞ってしまっておりました。申し訳ありません。

さて、今日は、埼玉県内の公立高校や公立中学校の多くで入学式が行われました。私たちは、中には入れませんが、久喜市内のいくつかの学校を回り挨拶活動をさせていただいた次第です。

桜が舞う中での入学式というのは、とても感慨深いものがあります。

私は、小学校・中学校・高校・大学・大学院とあろうことか5回も入学式を経験しましたので、入学式慣れしているつもりですが、毎回同じ不安がありました。それが...

「友達ができるかな...??」

というものです。卒業してしまえば、笑い話になるのですが、入学当初は切実な心配でした。おそらく、今日入学を迎えた皆さんにとっても同じことでしょう。

しかし、焦らなくともきっと良い出会いは待っています。ぜひ隣の席や、周囲の席の人に、自分から話しかけてみてください。きっと相手もホッとした気持ちになりますし、一生付き合える友達ができると思います。

そして、次のステップは、一緒に帰ってみるとか、一緒に遊んでみるといったことになるかと思います。ちょうど1ヶ月もすればゴールデンウイークになりますから、この1ヶ月、友達と親睦を深め、1~2週間くらいしたら、ゴールデンウイークに一緒に過ごす予定を決めてみてはいかがでしょうか?

保護者様が読まれると、「何だ、遊んでばっかり!」と感じられるかと思います。しかし、入学当初に深い付き合いのお友達ができると、学習で困ったときや、学校生活で悩みが生まれたときに、よき理解者として解決し合えるというメリットがあるのです。

5月になると、急に気が抜けてしまったり(いわゆる五月病になったり)、定期テストが行われたりしますので、ここを良い状態で乗り切るためにも、お友達との付き合いが重要になってきます。

ぜひ、新入生のお子さんをお持ちの保護者様は、「一生懸命学べ!」と言うのと同じくらい「お友達をつくれ!」とお子さんに声がけしてみてください。きっと、学習面でも生活面でも充実した学校生活が送れるようになると思いますよ!!

もちろん、今年度も星学院では全力で頑張る皆さんを応援していきます^^

2017年04月10日 23:48 |コメント|

【塾長ブログ】嬉しいメッセージをいただきました!

皆様、こんばんは。塾長の新井です。

久喜市内で笠間焼きの工房を営まれている「ぼらがま工房様」より、とても嬉しい寄稿をいただきました。リアルな声として、シェアさせていただきます。

http://ameblo.jp/boragama/entry-12255281917.html

なお、私たちが普段実践している「成長のための5か条」をご紹介します。

① 疑うことよりも、徹底的に可能性を信じる
② 逆境でも明るく接する
③ 成長戦略を立て、イメージする
④ 戦略戦術はとことん細分化する
⑤ 絶対に勝たせるという強い想いをもつ

これからも、生徒たちが成長したな...と実感できるような教育を目指し、精進していきたいと思います!

2017年03月14日 19:50 |コメント|

【塾長ブログ】第1志望校全員合格!!!

0000451464.jpg

こんばんは!塾長の新井です!!
今日は、速報をお伝えします!!

一昨日、埼玉県公立高校入試の合格発表が行われました。その結果ですが、ホシガク2期生は...
全員合格しました!!!!

これで、今年の中学3年生12名全員が昨年末に決めた第1志望の高校へ進学することが決まりました。

毎年のことですが、生徒も保護者様も私たちもドキドキする瞬間です。今年は、県内でも屈指の倍率を誇る高校を受験する生徒の合格発表に同行させていただきました。合格発表の掲示板に自分の番号を見つけた瞬間、大粒の涙が流して喜んでいる姿が印象的でした。懸命に努力した証です。

ちなみに...
私たちができることというのは非常に限られています。夢に向かって一歩を歩みはじめようとしている生徒たちの背中を少しだけ押して、一人で歩みを進められるように道を照らすことくらいです。

しかし、そんな小さな光でも、ホシガク生たちの灯火にはなれたのかな...と感じました。

受験はゴールではなく、スタート。
開校初期よりお話していることです。4月から高校生活をスタートし、夢への舵を切る生徒たちに、多くの幸が訪れることを願っています。

2017年03月12日 22:22 |コメント|

【塾長ブログ】学び合いの効果

0000451463.jpg

皆様、こんばんは!
塾長の新井です。今日は「“学び合い”の効果」についてお話していこうと思います。

この「学び合い」という考え方は、教師が主体となって授業を行う形式ではなく、生徒同士が助け合い・教え合いながら学びを深めていくという授業形式のことをいいます。この手法は、大学時代の同級生で他県の公立学校教諭として働く友人から教えてもらいました。

塾といえば、これまで「授業で勝負する」といった考え方が主流となってきました。教科書に載っていることや、場合によってはそれ以上の応用内容を解説し、問題を解けるようにしていくといった感じです。

この指導法は、知識こそ身につくものの、運用能力の伸長を狙うことができません。また、近年の入試事情は、単に知識を問う問題から、論理的な思考を問う問題(知識を運用して解く問題)へと変化してきました。今年の埼玉県公立高校入試の問題が、まさにその典型かもしれません。

私たちとしても、改めて論理的思考を鍛える重要性を感じました。

そこで、ホシガクでは新年度授業より「学び合い」を推進していくこととしたわけです(集団授業限定)。と言っても全て生徒に任せるわけにはいきませんので、基礎理論は指導担当のコーチが説明し、演習を行う段階でペアワークを実施してもらうこととしました。

演習中は、与えられた課題に関して、ペアで解き方を相談したり、間違えてしまった問題について互いに解説してもらったりしています。こうすることで、単に知っている状態から、知識を運用できる状態(できる状態)にしていくことを狙います。

テクノロジーが日進月歩で進化していくように、教育もより良い方向に変わっていかなくてはいけないのでしょうね。

これからも、楽しく学びを深められるよう工夫をしていきたいと思います!!

寒さが和らいできましたが、寒暖の変化が大きい日々が続いていますので、体調を崩されないようご注意ください!

2017年03月07日 22:20 |コメント|

【塾長ブログ】最後の通塾日

0000451462.jpg

こんばんは!塾長の新井です。
今日は、中3生の最後の通塾日でした。一人一人、思うことをお伝えして見送りましたが、皆が人として本当に成長したな...と感じた次第です。

数学の基本計算も危うかった子が、過去問で9割近くの高得点をたたき出したり、アルファベットを書く練習からはじめた子が英語の長文問題をすらすら解いていたり、入塾してきた時に一言も発さなかった子が、私たちのボケに突っ込んでくるようになっていたり(笑)

ただ、皆に共通して言えるのは、「志」があるということです。
先日、「10年後のなりたい私」を書いてもらったのですが、皆が「自分らしい」将来の夢を書いていました。だから頑張れたんだろうと思います。そんな子たちを1年間見続けてきたおかげで私自身も成長することができました。

ホシガク生たちには感謝感謝です。

と、お別れのようなことを書いていますが、卒業後も継続してくださる方が多くいるので、これからも、彼らの進む道を照らす「星」の光として頑張っていきたいと思います。

2017年02月28日 22:19 |コメント|

【塾長ブログ】コーチング・ティーチング研修

0000451461.jpg

こんにちは!塾長の新井です。

1月・2月と都内の教育支援団体様のご依頼で、普段小中学生の指導をされている講師の向けに、コーチング・ティーチングに関する研修を実施させていただきました。

内容としては、基本的な理論やすぐに行動に移せる技術についてお話をさせていただき、その後グループワークで実践練習をしていくというものでした。

ちなみに、前回は、円周率の単元(小学5年生)について、子どもが能動的に考えられるような指導法を参加者様とディスカッションさせていただいたのですが、非常に面白いアイディアが色々と出てきました。

一部をご紹介すると、身の回りの円形のものを使って、円周率が3.14になることを確かめたり、語呂を生徒と一緒に考えたりするというものでした。ちなみに、3.14はホワイトデーの日と覚えるのだそうです(笑) これで、円周率を忘れることはないでしょう!

この他にも、実践したくなるようなアイディアが沢山聞け、大変学びの多い機会となりました。

このように、皆でアイディアを出し合い、シェアすることが、より実り多い教育を実現するために必要なのでしょうね!

ここでの出会いを大切にしつつ、私たちも切磋琢磨していきたいと思います^^

2017年02月22日 22:18 |コメント|

【塾長ブログ】国によっていろいろ

こんばんは! 塾長の新井です。
今日は「国によっていろいろ」というお話をしていきたいと思います。

2月14日バレンタインですね! 受験生が多い教室の中でも、「いくつチョコをもらっただの、もらえなかっただの」そんな話題が出ていてちょっとほっこりしました^^

ところで、バレンタインの習慣が国によって違うことをご存知でしょうか?

日本では、「女性から男性にチョコレートを贈る」というのが一般的ですよね。ちなみに私が小学生のころは、本当に好きな人に贈るチョコは「本命チョコ」、友達に贈るチョコは「義理チョコ」なんて言って2種類しかありませんでした。

しかし、この20年で随分と多様化が進んだようで...お友達(男女どちらでもOK)に贈る「友チョコ」や、男性が女性に贈る「逆チョコ」、自分で買って自分に渡す「自己チョコ」など、様々な種類があるようです(笑)

さてさて話を戻しましょう。
世界各国のバレンタイン事情ですが、お隣の国 韓国だと、バレンタインデー・ホワイトデーに贈り物をする習慣は日本と同じですが、ここで贈り物をもらえなかった人たちが集まって、ブラックコーヒーやジャージャー麺(炸醤麺)を食べる「ブラックデー」なるものが4月14日にあるのだそうです!

ぜひ参加したいですね(笑)

また、こちらもお隣の国である台湾では、日本とは逆に、男性から女性にプレゼントを贈ったり、食事を共に楽しんだりするのが一般的なのだそうです。

また、このように男性から女性にプレゼントを贈るのは、台湾だけではなくベトナムやタイなどでも同様となっています。(ちなみにタイの場合は、花束を贈ることが多いのだとか)

次に、アメリカやイギリスでは、男性が女性に何かするとか、女性が男性に何かするという決まりがある訳ではなく、愛する者同士が花束やプレゼント、メッセージカードを贈りあったりするのだそうです。

個人的には、これが一番しっくりきますね!

そして最後は、サウジアラビアをはじめとするイスラム諸国とヒンズー教徒が多いインドです。これらの国では、宗教上の理由から行事などは行われていません。

もともとの起源が、ローマ皇帝に追放され殉職したウァレンティヌスに由来する記念日(=キリスト教系の行事)だといわれていますから、このようになるのも当然のことでしょう。

ただ、人類共通して、愛への気持ちは同じなんでしょうね!

だから、チョコがもらえなくても気にしない!カタチにはこだわらない! そう思った今日の1日でした(笑)

2017年02月14日 22:16 |コメント|

【塾長ブログ】新教室開校のお知らせ

0000451456.jpg
皆様、こんばんは! 塾長の新井です。

私ども星学院は、本年3月15日(水)より新教室(第2教室)を開校することといたしました。

これまで当塾では、久喜中・久喜小通り(六間通商店街)において教室運営をして参りましたが、高校生の指導拡充に関するご意見をいただくことも多くありました。そこで、市内の公立高等学校の生徒が多く利用する駐輪場サイクルハウス・イシイ(久喜駅西口徒歩1分)と業務提携し、駐輪場の隣接地に高校生向け新教室を開校することといたしました。

新教室に関しては、1月初頭より改装工事を開始しており、3月15日(水)の開校を予定しております。

具体的な教育プログラムやコーチ、指導方法に関しては、改めてご報告させていただきますが、ただの教科学習でなく「夢を育て、人としての成長を実現する」プログラムを用意させていただこうと考えています。

なお、かねてより当塾の教育に多大なご理解をいただいている保護者様、いつも元気に通塾してくれるホシガク生、当塾運営を温かくご支援くださっている皆様に、心より御礼申し上げます。

引き続き、「全ての子どもが夢を語り、夢を追い、夢を実現できる社会の創造」という当社ミッションに従い、一歩一歩前進して参りますので、何卒よろしくお願い申し上げます。
2017年02月09日 22:15 |コメント|

【塾長ブログ】インフルエンザにかからないために

0000442306.jpg

皆さん、こんばんは!
星学院の新井です。

今日は、「インフルエンザにかからないために」というお話をしていきたいと思います。

ここ最近、インフルエンザの流行がピークとなっていますね... 久喜市や近隣市町の公立学校でも学級閉鎖や学年閉鎖が相次いでいると耳にしました。

もちろん、どんなに気をつけていても、インフルエンザに感染する可能性はあるわけですから、これを完全に防ぐことはできないでしょう。もし感染してしまったら、その時は、無理をせず安静にし、早く元気になれるよう休んでください。

しかしながら、その前に、できる対策を講じておくことも重要なことだと思います。

具体的には
・手洗いうがい
・アルコール消毒液での消毒
・マスクの着用など

が代表例として挙げられますが、この他にも
・室内を湿度50~60%程度まで加湿すること
・室温を20℃程度に保つこと
・定期的に水分をとること(喉の粘膜を乾燥させないこと)
・栄養のある食事・十分な睡眠など体調を整えること

なども有効なようです。

(参照:「インフルエンザ一問一答」,厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/…/kekkaku-k…/dl/leaflet20110208_01.pdf

インフルエンザ対策の効果がどれほどあるのかは定かではありませんが、受験生の学年で発症者が少ないのも、上記の事柄に関して十分すぎるほど気をつけているからかもしれません。

大学生のころ、一人暮らしの家でインフルエンザにかかり感じたことですが... やはり「元気」って大切ですね! かかってからそう思わないよう、一緒に健康管理に気をつけていきましょう!!

HP:http://hoshi-gakuin.com/

2017年02月03日 23:17 |コメント|

星学院

0480-53-8882

埼玉県久喜市久喜中央
2丁目4番地28号

営業時間
13時00分〜22時00分
※休日や時間外は代表の携帯電話に転送されます

学院概要こちらから

モバイルサイト

星学院モバイルサイトQRコード

星学院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!