子どもを育てる・伸ばす教育塾。埼玉県久喜市|星学院

久喜の教育を「変える」塾、星学院。「教え」「育てる」教育塾です。

星学院

HOME ≫ 星学院からのお知らせ

星学院からのお知らせ

【塾長ブログ】英語の授業を進化させます!

0000469740.jpg

こんばんは!塾長の新井です。
今日は「英語の授業を進化させます!」というお話をしていきたいと思います。

これまでホシガクの少人数集団指導コースの英語では、学校授業の先取りと、学習する文法内容を活用したアクティビティを実施してきました。しかし、ここ最近の定期テストでは、教科書の本文とは異なる長文が登場したり、表現を問う問題が出題されたりする機会が増加してきたのです。

個人的には、英語は運用することが出来て初めて意味を成すものだと思いますので、こういったテストの作り方には肯定的な考えを持っています。

一方、テストを受ける生徒にとっては、ワークを十分に解き直し、教科書を読み込んでも、点数につながらない部分があるということで、苦戦することが多いのも事実です。

しかし、先々の入試もしかり、実社会に進んだときに使う英語は、「範囲」など決まっていませんから、範囲にとらわれた学習をすることは適切ではありません。

そこで、従来の教科書内容の学習+アクティビティに加え、冒頭の10分間を使い範囲フリーの英文読解を実施していこうと考えた次第です。

具体的には、新聞記事やニュース、有名人のSNS投稿、その他など、読解ができそう且つ面白そうな英文ネタを探してきて、全員で読んでいくということ行います。

こうすることで、教科書外の英文に親しむ機会を増やし、且つ英検など検定試験への対応力も養おうと考えた次第です!

ぜひ、気になる方は体験授業にいらしてください!^^

【余談ですが...】

本日から配布されているクッキーズ6月号に当塾が掲載されています! また、生徒募集の広告を順次お届けさせていただいております! ぜひ、こちらもご確認いただけますと幸いです!

2017年05月22日 22:38 |コメント|

【塾長ブログ】久喜小・本町小・久喜北小運動会に行ってきました!

0000469329.jpg
こんばんは!塾長の新井です。
今日は暑い1日でしたね! 5月5日が立夏ですが、その暦どおり、徐々に夏の香りがしてきました。
 
そんな中、今日、久喜市内の一部の小学校では、運動会が実施されました。先週、通塾する児童から、お誘いいただいたので、3校ほどはしごして、見てきた次第です! 点数や順位を付けたがらない昨今ですが、紅白に分かれて1点を追い切磋琢磨する姿は、見ているだけでも非常に楽しく感じました。
 
余談ですが...私は、小学校の頃、体育が苦手だったので(かけっこが遅かったので)、運動会が嫌で嫌で仕方ありませんでした。しかし、今となっては、もったいないことをしたな...と若干の後悔を感じている次第です。
 
昨日のブログではないですが、やはり「諦めないで頑張ること」が大切なのでしょう。
 
ちなみに、すごく嬉しいのは、塾生たちの普段見られない表情が見られることはもちろん、運動会の裏話や、楽しかったこと、嬉しかったことを聞けることです。
 
そういったところから、子ども達の成長を感じられると、改めて「教育」の面白さに気付くことができます。
 
来週、運動会を終えた児童たちが、どんな話をしてくれるのか、本当に楽しみです!
2017年05月20日 23:04 |コメント|

【塾長ブログ】頑張ることと同じくらい大切なこと

0000469045.jpg

こんばんは!塾長の新井です。
今日は「頑張ることと同じくらい大切なこと」というお話をしていきたいと思います。

年間を通じてほぼ毎日、子ども達に接していると、「頑張ります!」という言葉を耳にすることが多くあります。私が、「明日は、○○(テストや部活の大会)だね!」と言うと、様々なリアクションが見られますが、最後は、ほぼ百発百中で「頑張ります!」という言葉が返ってきます。

このことに気付いたのは、駅前校(新教室)で高校生を指導していた時のことでした。

もちろん、頑張ることは大切なことです。誰しもがお分かりのことですが、中途半端なことをしてしまうと、後々後悔していまいますからね...

しかし、頑張っても1度や2度で全てが上手くいくとは限りません。自動車メーカーHONDA(本田技研工業)の創業者である本田宗一郎氏は「99回の失敗に1回の成功でいい」という名言を残しています。真の成功の裏には、数え切れないほどの失敗があって然るべきでしょう。

だからこそ、「頑張ること」と同じくらい「諦めないこと」も重要だと思うのです。

久喜市内では、今週と来週はテストがあり、その後は部活動の大会があり、中には体育祭・運動会が行われる学校もあります。

上の例は短期的な話ですが、長期的に見れば、心に秘める夢を持つ子も多いことでしょう。

「頑張ること」「諦めないこと」

これが目標を達成するための鍵なのかもしれません!

生徒から「諦めず頑張ります」と言われるように、私達も「諦めず(=可能性を信じて)頑張っていきたい」と思います!

余談ですが...
1ヶ月くらい前からダイエットを始めました(笑)こちらも諦めず頑張ります><

2017年05月19日 00:17 |コメント|

【塾長ブログ】算数でしりとり

0000469044.jpg

こんばんは!塾長の新井です。
今日は、「算数でしりとり」というお話をしていこうと思います。

星学院には、現在、小学3年生の児童が在籍しています。この児童における現在の学習課題の一つが、掛け算・割り算の概念を理解し、スムーズに計算できるようになることです。

一般的には、この課題を解決するために、算数ドリルや百マス計算を使って練習することが多いのですが、児童に「算数ドリルやってみよう!」といって喜ぶリアクションが返ってくることはほとんど(全く)ありません。

理由は「つまらない」「めんどくさい」が殆どでしょう…

当然、ネガティブな環境下で学習をすると、学習ではなく作業になってしまうので、定着率は落ちますし、そもそも学ぶこと自体を嫌いになってしまいます。

そこで、ホシガクでは「算数しりとり」というトレーニングを行っています。これは、写真を見ていただければお分かりになると思いますが、4×9=36→36÷6=6…のように、結果でつないでいく計算のことです。

もちろん、乗除計算の仕方がある程度理解できていることが前提となるトレーニングですが、児童たちのリアクションは上々です!

中には、自分で問題をつくってきて、私にタイムトライアルの挑戦状を叩き付ける子まで出てきました。児童は勝ち負けをやたら気にしますが、私達としては、自発的に学習してくれることが嬉しいのです。

いつも言っていることで申し訳ないのですが、同じ内容であっても、学習方法によって結果は大きく変わってきます。

そのことを肝に銘じて授業に臨んでいきたいと思った今日の一日でした!

HP:http://hoshi-gakuin.com/

2017年05月18日 00:14 |コメント|

【塾長ブログ】一人でも多くの方に知っていただくために

0000468001.jpg

こんばんは!塾長の新井です!

先日、髪を切りにいったとき、私の前にいた人から「塾の先生ですよね?」と話しかけていただきました。星学院も開校から2年目を迎え、徐々に私たちのことを知ってくださる方が増えてきたように思います。本当に嬉しい限りです。

それでも、まだまだ認知不足は否めません。目標は、誰に聞いても「星学院を知っている」と言われるようになることです。

「千里の道も一歩から」ということで、本日、久喜駅西口の駅前通りに看板を設置させていただきました。ご好意で、場所をご提供いただいた呉服屋さんの大家さんには感謝感謝です!

小規模塾ですが、子ども達の大きな夢を育てる教育サービスを提供し続けてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします!

2017年05月16日 23:14 |コメント|

【塾長ブログ】全員掃除!!

0000467732.jpg

こんばんは! 塾長の新井です。
今日は、毎月恒例の大掃除日でした!!

以前もお話ししましたが、星学院では、生徒全員が授業後に着席していたデスク周りを掃除してくれています! そんなこともあり、いつでも比較的綺麗な教室を維持しているのですが... 生徒が触れないところや、床、窓、ホワイトボード、私たちの職員スペースなどは、どうしても汚れが溜まっていってしまいます。

そこで、毎月1度、役員を含むコーチ全員で、教室の大掃除を実施しているのです!

ピカピカになると、やはり気も引き締まりますし、その「気」がしっかりと生徒にも伝わるように思います。

子どもを育てる大人の一人として、生徒の範になれる存在でありたいと感じた1日でした!

ぜひ、皆さんもお近くをお通りの際は、ピカピカの教室にお立ち寄りいただけますと幸いです。

HP:http://hoshi-gakuin.com/

2017年05月15日 23:47 |コメント|

【塾長ブログ】五月病にご注意を!

0000467731.jpg

こんばんは!塾長の新井です。
今日は「五月病にご注意を!」というテーマでお話していきたいと思います。

ゴールデンウイークが開けて1週間が経ちましたね! 皆さん、体調を崩されたりはしていませんか? 五月病という言葉が存在するように、この時期は、緊張状態の緩和からくる体調不良が増加する時期です。

五月病というと、精神的な症状(やる気が出ない、イライラする、焦りを感じる、家から出るのが億劫になる など)がイメージされやすいですが、人によっては、すぐ疲れが出る、めまいがする、頭痛が止まらない、睡眠が浅くなる、起床が悪くなるなど、身体的な症状 が出ることも少なくありません。

ちなみに、五月病というのは正式な病名ではなく、緊張状態からの開放に伴う軽度の鬱状態といったほうが良いのかもしれません。

なお、五月病は、内向的な人や、気配りをしすぎる人、完璧主義な人、責任感が強い人、負けず嫌いな人など、いわゆる「真面目な人」ほどかかりやすいのだそうです。

対策としては、家族や友達とコミュニケーションをとったり、生活リズムを安定させたり、睡眠時間を確保したりといった方法が挙げられます。要するに、リラックスできる環境をつくることが重要なのです。

私たち、星学院は、学習サポートだけでなく心のサポートも含めて、子ども達の健やかな成長を応援していきます。学習のことのみならず、お子さんのことでご心配なことがございましたら、お気軽にご相談ください。

【今日の出来事】
久喜市内の公立中学校では、今週と来週にかけて中間テストが行われます。そこで今日は、毎回恒例となった、テスト対策講座を実施しました。

学校の教材や、過去のテストの実施状況、出題パターンなどを総合的に分析し、ワークでは補完できないところを重点的にフォローしていきます。

皆ががんばった成果を存分に発揮できるよう、私たちも努力していこうと強く思う日曜日の夜でした。

HP:http://hoshi-gakuin.com/

2017年05月14日 23:45 |コメント|

【塾長ブログ】ゴールは受験のその先に。

0000467730.png

こんばんは、塾長の新井です。
今日は「ゴールは受験のその先に。」というお話をしていきたいと思います。

ところで、今日はゴールデンウイーク初日ですね! 中には、先週末からゴールデンウイークに入ったという方もいらっしゃると思いますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

ゴールデンウイークといっても、中高生にとっては授業がないだけで、部活動の練習や試合(大会)のため通学していたり遠征していたりということが多くあります。

今日、振替授業や自習で通塾した人からも、「休みの日って感じがしない」という声が挙っていました。

さてさて、そんなGW初日の今日ですが、私は生徒の1人からお誘いいただき、その生徒が所属する白岡高校の吹奏楽部の演奏を聞きに行ってきました。

もともと、目的ありきで高校選びをした彼女にとっては、忙しいながらにとても充実した日々を送っているようです。多くの上級生にも負けず、非常にすばらしい演奏をしていたように感じました。

皆さんもご存知のように星学院では「ゴールは受験のその先に」をキャッチコピーとして、目的をもった進学をサポートしています。

そのため、少しチャレンジングな入試に臨む人も少なくありません。「もう少しレベルに合わせた高校選びをした方が良いのでは…?」と思った時期も幾度かありましたが、今では「目的ありきの受験」の方が明らかに良いと心から思えます。

「目的があるから、学習にも一生懸命になれる」「目的があるから、高校入学後も楽しんで通学できる」「目標があるから、人生がワクワクする」高校選びとは、本来そうあるべきでしょう。今日の彼女の姿を見ていて、そう感じました。

今年、高校受験を迎える中学3年生や、中学受験を控える小学6年生には、改めて「受験の先に、どんな目標を描くのか?」問うてみたいと思います!

HP: http://hoshi-gakuin.com/

※個人に配慮し、一部にぼかしを入れ、写真の解像度を低めています。若干お見苦しいですが、雰囲気を感じ取っていただけますと幸いです。

2017年05月03日 23:39 |コメント|

【塾長ブログ】あかちゃんは、いつでも全力!

0000467729.jpg

みなさん、こんばんは!
塾長の新井です。今日は「あかちゃんは、いつでも全力!」というお話をしていきたいと思います。

航空会社で働いていた頃、新幹線に乗って出張する機会が時折ありました。あるとき、東海道新幹線で名古屋に行く際、隣にあかちゃん連れのお母さんが座って きました。あかちゃんは、慣れない新幹線の車内をキョロキョロしていましたが、私の顔を見たとたん大声で泣き出したのです。(食べられるとでも思ったので しょうか…)

お母さんは、私に平謝りをしつつ、泣き止ませようと必死に赤ちゃんをあやしていました。私は「元気が良くてカワイイですね!」と言って、あかちゃんの様子 を見ていたのですが、その時に感じたのは、「あかちゃんは何をするのでも全力」だということです。泣くのも、笑うのも、寝るのも、何もかもが。

一方で、自分はどうでしょう? あかちゃんのように必死になれていたでしょうか?あかちゃんの時は出来ていたことが、大人になるにつれて出来なくなっていく。そう思ったのです。

同じ質問を皆さんにもしたいと思います。あなたは今、全力で生きていますか?

あかちゃんのように、全力で生きるということを意識してみると、今まで見えなかったチャンスが見えるようになったり、明日が楽しみに感じられたり、様々な面でプラスの効果が出てきます。

今、全力で生きているか? 全力で生きるためにはどのようなことをすべきか?

これらを考え、行動に移してみてください!!

こういったことも、小中高生に伝えていきたいと感じた今日この頃でした。

HP: http://hoshi-gakuin.com/

【写真】大学の後輩のご息女です。なんと私と同じ誕生日!(25歳差ですが…) 本当にカワイイですね!!
※了解を得て掲載しています。

2017年04月21日 23:37 |コメント|

【塾長ブログ】国語をもっと面白く!

0000461434.jpg

こんばんは! 塾長の新井です。
今日は「国語をもっと面白く!」というお話をしていきたいと思います。

悲しいことですが… 小学生や中学生に聞くと国語の学習を嫌う人が多くいます。もう少し掘り下げてお話を聞いてみると、読書が嫌いだったり、文章を書いて表現することが嫌いだったり、ニュアンスを読み取るということが嫌いだったりといった意見を多く耳にしました。

もちろん、これらの能力は、大人になってからも使うものです。しかし、それ以前にSNSが発達している今日においては、友達同士の会話でも微妙なニュアンスを読み取り、レスポンスしていく(文章で表現していく)力が求められると思うのです。

そう考えると、やはり国語力をつけておくことは重要なことでしょう。

しかし、面白くなくては学習の効果が低下してしまいます。そこで、星学院の国語科指導では、様々な工夫をこらしています。

一例をご紹介しましょう。小学4年生の児童のケースです。この児童は、絵を書くことが得意ということで、学習単元の紙芝居を一緒に作成しています。(写真は、現在学習中の『白いぼうし(あまんきみこ,ポプラ社)』の教科書掲載シーンの1つです。)

こうすることで、どの文からどの文までを1枚の絵に収めなくてはならないのか場面分けを考えられるほか、文章では伝わらない細かな心情の変化なども読み取 ることができます。また、このステップをふむことで、ワークの内容理解問題や表現の問題にも抵抗なく移項することが可能となります。

この他にも、漢字をパーツ分けしてパズルにして部首とつくりを覚えたり、物語の続編を考えたり、国語を面白いと思ってもらえる機会をどんどん用意しています!

やはり学習は楽しくないと! 今日もそんなことを意識しつつ授業に臨んでいます。

2017年04月19日 20:30 |コメント|

星学院

0480-53-8882

埼玉県久喜市久喜中央
1丁目3番地13号

営業時間
13時00分〜22時00分
※休日や時間外は代表の携帯電話に転送されます

学院概要こちらから

モバイルサイト

星学院モバイルサイトQRコード

星学院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!