子どもを育てる・伸ばす教育塾。埼玉県久喜市|星学院

久喜の教育を「変える」塾、星学院。「教え」「育てる」教育塾です。

星学院

HOME ≫ 星学院からのお知らせ

星学院からのお知らせ

【塾長ブログ】やっぱり学びは面白くないと!

0000440013.jpg
こんばんは!塾長の新井です。
今日は、「やっぱり学びは面白くないと!」というお話をしていきたいと思います。
 
今日の1番最初の授業時間は小学生の算数でした。今は、ちょうど分数×整数や分数÷整数の計算を学習しているところです。この単元では、計算問題を沢山解くわけですが、ぎっしり並んだ計算プリントや教科書を見ると、やる気にブレーキがかかってしまう子も少なくありません。
 
気持ちは分からなくもないです。私自身、小学校の計算ドリルが好きではありませんでしたから。。。
 
そこで、今日の計算練習ではトランプを活用してみました! 1枚ずつ3枚のカード①・②・③をめくり、①/②×③や、①/②÷③を計算するというものです。加えて、全てのトランプを使い切るまでの時間を競ってもらいました。
 
最初は、約分忘れや、計算ミスがありましたが、回数を重ねるごとにレベルアップしていき、最後は帯分数や分母・分子が2桁の計算までしっかりと解くことができました。
 
その生徒に帰り際、「今日は○○問も計算解いたんだよ!」といったところ、「楽しかったから楽勝だった!」とのこと。本当に嬉しかったです^^
 
毎度言っていることですが、このように楽しみながら学習をすると、定着率が飛躍的に向上するほか、長期的な記憶の持続にも大きく貢献します。
 
これからも楽しく学べる機会を増やすために、ネタをいっぱい用意しておきたいなと思った1日でした。
2017年01月25日 23:30 |コメント|

【塾長ブログ】緊張は頑張った証

0000439484.jpg
こんばんは!
塾長の新井です。
 
今日は「緊張は頑張った証」というお話をしていきたいと思います。
 
埼玉県では、先週から今週にかけて私立高校入試が行われています。なお、先日は私立単願のホシガク生が第一志望校の合格通知書を持ってきてくれました! 受験前は、かなり不安があったようでしたが、面接の中でしっかりと自分の夢を語れたと言っていました。「夢」を塾のミッションとして謳う私たちとしては嬉しい限りです。彼女が高校生になって、その夢の蕾をどのように膨らませていくのか期待が高まります。
 
さてさて、ほかの生徒たちも、まさに人生初受験を迎えた訳ですが、受験前にほぼ全員の生徒が言っていた言葉があります。それが...
 
「緊張する」
 
です。今年に限った話ではありませんが、どんなに合格可能性が高い生徒でも同じ言葉を口にします。気持ちは分からなくもありません。
 
なお、「緊張」というと決してポジティブな言葉ではない気がしますが、私はネガティブな言葉だとも思っていません。
 
緊張するのは「努力してきた証」ですからね。
 
努力をすればするほど結果がついてくるか不安になったり、緊張してしまったりするものです。おそらく、メンタルが強い人でも同じことでしょう。
 
だからこそ、私は「緊張しなくてよい」とは言いません。「緊張しているのは努力の証。精一杯、実力を発揮しておいで!!」と声をかけています。
 
明日も入試が行われる学校があるということで、吉報を楽しみに待ちつつ、皆の挑戦に心からのエールを送りたいと思います!!
2017年01月23日 23:31 |コメント|

【塾長ブログ】神は細部に宿る

0000439041.jpg

こんばんは! 塾長の新井です。
今日は、ホシガク生の作品が展示されているということで、久喜市の書きぞめ展覧会に行ってきました!

どんなものかと思いましたが、レベルの高さに驚かされました。自分で書いたメモを後で見返した時に何が書いてあるのか分からないということが多々ある私にとっては衝撃的でした。

一般的に、字は人の印象を決める要素の1つだと言いますが、本当にその通りだと思います。ただ、間違いなく言えることは、「単純な綺麗さ」よりも「丁寧さ」が重要だということです。

「神は細部に宿る」という言葉の通り、細部まで丁寧であると、本当に美しく見えるということを改めて感じた1日でした。

2017年01月21日 23:56 |コメント|

【塾長ブログ】お土産の醍醐味

0000439040.jpg

こんばんは!
塾長の新井です。
今日は「お土産の醍醐味」というお話をしていきたいと思います。

先日、ホシガク生が年末年始にお父さん・お母さんの実家に帰省したということで、お土産を買ってきてくれました。福岡の名産「あまおう」を活用した一口バームクーヘンでした。他の塾生を含め、皆で美味しく食べさせていただいた次第です。

受験前のピリピリした雰囲気が一転し、とても和やかムードとなりました! その生徒には、本当に感謝しています!

その後、土産話を聞きつつ、どんな気持ちでお土産を選んでくれたのか想像しました。「どんなお土産を持って行ったら喜んでくれるかな...」そんなことを考えながら選んでくれてたのかと思うと、自然に笑みがこぼれます。

ここから学ぶことですが、「私たちの身の回りには、“想いやり”が溢れているものの、それに気付けていないことが多い」ということです。

私自身も、このお土産をもらって、改めて気付かされました。

では、どのようにして想いやりに気付いていくか?というのが気になるところです。これに関しては、「背景や過程」を考えることではないかと私は思います。

どういう背景があって○○をしてくれたのか? ○○をしてくれるまでにどんな準備をしてくれたのか?などです。

こうすることで、行動の裏側にある想いやりを感じることができます。これに気付くことができれば、相手に向かい合う気持ちにも変化が出てくることでしょう。

行動の背景や過程を想像する。ぜひ皆さんも実践してみてください。きっと、心がホッとなると思いますよ!

2017年01月12日 23:55 |コメント|

【塾長ブログ】気持ちを新たに

0000439038.jpg

こんばんは!
塾長の新井です。

久喜市の公立学校では、今日から3学期がスタートしました。新年ということで、気持ち新たに学校へ向かった人も多いのではないでしょうか?

気持ちを新たにということで、星学院では、昨日の夜に教室の大掃除を実施しました。貴志コーチと一緒に数時間かけて行ったのですが、一見奇麗そうに見えるところでも、拭いてみると意外と汚れていることに驚かされました。

これ…学習や部活動でも同じだと思うのです。

「ここは楽勝」と思っていたところを間違えたり、この(試合)相手には負けないと思っていたところに一泡吹かされたり… 誰しもこういった経験はありますよね。

自信というのは、過去の経験に基づいてわいてくるものですから、過去の成果が全て成功であれば、当然、自信もわいてきます。しかし、本当は十分な実力がないにも関わらず、たまたま成功したことで、間違った自信を付けてしまうと、上のように思いがけないところで失敗してしまうことになるのです。

これが模試や練習試合であれば、さほど大きな問題にはなりません。逆に、自分の考えを改める良い機会になるでしょう。しかし、入試や大会(本番)だったら大変です。

そこで、入試本番やテスト直前などは、もう一度基本中の基本問題もしっかり解けるか確認しておきましょう。1ミスくらいなら…と思わずに、ミスが0になるまで解き続けるのです。

埼玉県では、来週末、私立高校入試を向かえます。その時に自信=実力となれるよう着実に進歩させていきましょう!!

2017年01月10日 23:54 |コメント|

【塾長ブログ】あけましておめでとうございます!

0000439037.jpg

皆様、あけましておめでとうございます。
旧年中は、星学院の教育に多大なご理解とご支援を賜り誠にありがとうございました。本年は、また新たな挑戦を開始する予定です。気を引き締め、精進して参りますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

ありがたいことに、当塾にも沢山の年賀状をいただきました。現役ホシガク生からのもの、保護者様からのもの、各学校様からのもの、お取引をさせていただいている企業様からのものなど様々です。

中には、かつて教えていた生徒からの年賀状もあり驚きました。

いずれも、1通1通、嬉しく拝読させていただきました。
お送りいただいた皆様、ご丁寧なご挨拶ありがとうございました。

今年1年が皆様にとって実り多き年となりますように!

2017年01月04日 23:52 |コメント|

【塾長ブログ】三代目といえば...徳川家光!?

0000439036.jpg

こんにちは!
塾長の新井です。

今日も朝9時から冬期講習を行っています! 教室の外まで笑い声が響いていたようで、お隣さんから「いつも楽しそうな授業してますね!」とコメントをいただきました。

ちょうどその時、「三代目って良いよね」という会話をしていたので、「三代目 J Soul Brothers」かと思ったのですが、どうやら「徳川家光(江戸幕府・第3代将軍:1623-1651)」の話だったようです(笑)

貴志コーチ、笑いMAX・定着力MAXの授業を展開しています!!

余談ですが...
教室に珍客がいらっしゃいました。柴犬の「UNIちゃん」です! 残念ながらワンちゃんは入塾できませんが...

2016年12月29日 23:49 |コメント|

【塾長ブログ】成績を改善する最も効果的な方法は?

0000369754.jpg
こんばんは! 塾長の新井です。
今日は「成績を改善する最も効果的な方法は?」というお話をしていきたいと思います。
 
先日、今年1年間のテスト結果から成績の伸び率に関するデータ分析を行いました。その結果、あることをした生徒の成績が飛躍的に伸びていたことが分かりました。
 
それは、「生活・学習習慣の改善」です。
 
塾といえば、巷では「学校の授業を補完する場所」や「受験の傾向を把握し、学習指導をする場所」と位置づけられています。もちろん、これらも大切な役割だと思います。
 
ただ、これだけでは不十分だとも思うのです。だからこそ、ホシガクでは「習慣の改善」に関する指導を強化しています。
 
例えば、学習スケジュールを決めたり、挨拶を徹底したり、片付けを徹底したり、場合によっては就寝時間や起床時間を固定化したりといったことを行っています。
 
もちろん、最初は私たちコーチが100%サポートします。ただし、これだけでは人としての成長を阻害してしまうので、徐々にこの役割を生徒へバトンタッチしていきます。
 
こうすることで、当塾を卒業した後も、自分自身で習慣を改善し、しっかりと結果が出せるようにしているのです。
 
さて、この改善による結果ですが、入塾前と入塾後で成績比較ができる中2生と中3生に限って言えば、平均して+41.5点(5教科)となりました。また最も伸びた生徒では平均して100点(5教科)近く成績向上したのです。※1
 
ウサギとカメの話ではないですが、やはり習慣を整えて、毎日こつこつ取り組むほうがしっかりと効果が出るということが分かりました。
 
同じ時間をかけて結果が出る方法と出ない方法があるのであれば、絶対に前者の方が良いですよね!! 冬休みの課題も、土壇場で終わらせるのではなく、短い時間でもこつこつ毎日進めてみることをおススメします!^^
 
今朝方、車に乗ろうとしたら、外気温計が-3℃を示していました。寒いはずです。ウイルス性腸炎やインフルエンザが流行っているようですので、皆さんご自愛ください。
 

※1 計算の算出方法について
テストの平均点で得点に差が出ることから、以下のような計算を行いました。
入塾前に受けた定期テストの5教科の得点をX1、同テストの平均点をY1、入塾後に受けた定期テストの5教科の得点をX2、同テストの平均点をY2とします。
入塾前の平均点との差-入塾後の平均点との差=学習効果
(X1-Y1)-(X2-Y2)=学習効果
2016年12月28日 00:02 |コメント|

【塾長ブログ】受験生の教材はどう選ぶか?

0000433706.jpg
こんばんは!塾長の新井です。
今日から、久喜市内の小中学校では冬休みが始まりました! そんなこともあり、星学院では、今日から冬期講習がスタートしています!! 目標がしっかりしているからこそ、学習にも力が入るようで、今日は朝から授業に自習に頑張っています!
 
さて、仕事柄ですが...この時期になると、保護者様や知人から、ある相談を受けることが多くなります。それが...
 
「教材って何を買えばよいのか?」
 
というものです。
 
受験生に限って言えば、過去問、教科書ガイド、単元別問題集、教科別問題集、単語集、計算ドリル、その他、多様な教材がありますから、迷われる気持ちも分からなくはありません。
 
ただし、受験が近いから過去問を...とか、全教科がまとまったワークをといった選び方をしてしまうと、あまり効果がでないこともあるのです。
 
では、どう教材を選べばよいのでしょうか? 簡単な方法2つをご紹介したいと思います。
 
1. お子さんのレベルと教材のレベルを合わせる
 
2. 解答・解説を見て書いてあることが理解できるか確認する
 
1については、問題集の表紙や、冒頭部分、背表紙などに書いてある「難易度」や「レベル」がお子さんのレベルに合っているのかで判断するということです。教材によっては、偏差値目安まで書いてあることがあるので、しっかりと確認してみてください。
 
続いて2についてです。書店の教材コーナーにいると、問題集の中身を吟味している人の姿は見かけるのですが、解答・解説を確認している人を見ることは殆どありません。もちろん、中身も大切なのですが、その教材を使って学習しレベルアップするためには、チェック(問題を解くこと)の後の改善(解き直し)が必要不可欠です。その流れを考えると、解説を読んで、書いてあることが十分に理解できるというのも非常に重要な要素といえるでしょう。
 
最後の追い込みをかける冬。決して楽ではありません。しかし、飛行機が向かい風で離陸していくように、逆風のときこそ、大きく羽ばたくことができるのです!!
 
来春の高校生活に向けて、全力で、離陸滑走していきましょう!!
2016年12月23日 17:44 |コメント|

【塾長ブログ】良いところ、本当に見えていますか?

0000433705.jpg

こんばんは!塾長の新井です。
今日は、「良いところ、本当に見えていますか?」というお話をさせていただきたいと思います。

早いもので、今年も残すところ10日となりました。明日、久喜市内の公立学校では、終業式が行われます。

おそらく、多くの人が通知表にドキドキしているのではないでしょうか??

さて、この通知表ですが...主な構成は「学習の記録(成績)」と「生活の記録(成長)」「その他」となっています。ただ、「学習の記録(成績)」だけを見て終わりとなってしまっているケースが多いようにも思うのです。

もちろん「学習の記録」は、高校に進学する際の選考資料となりますから、非常に重要なのですが、だからといって他はどうでも良いという訳ではありません。詳しくは下で書かせていただきますが、「学習の記録」と「生活の記録」「その他」はセットで見ていく必要があるのです。

ちなみに、余談ですが、人は得てして「悪いところ」を見つけることのほうが得意な生き物だと言われています。

かなり極端な例ですが、5段階評価の通知表で5教科の成績が、国語5・数学5・理科5・社会5・英語2だったとしたらどうでしょうか。おそらく多くの場合は「英語2」の部分に目がいくと思います。

少し例を変え、教室で考えてみます。1クラス30人の生徒がいるときに、29人が笑顔で1人が怒った顔をしている場合だと、後者の1人を見つけることはさほど難しくありません。

一方で、29人が怒った顔をしている中で1人笑顔の人を見つけるというのは、簡単そうに思えて意外と難しいことなのです。

これと同じで、通知表も「悪いところ」ばかりに目がいきがちで、良いところを見つけるのは簡単ではありません。

そこで、必要になってくるのが、「生活の記録」や「その他」を総合的に見ることです。ここを見ると、数字には表れてこない情報で、良かったところ、改善が必要なところが書いています。

それを基に、子ども達へ声がけしていくのです。

例えば、上記例の場合は、「国語・数学・理科・社会の成績で5もらえたんだ。嬉しいね!やった!」と嬉しい感情に共感した上で、「生活の記録で、“計画的に学習に取り組もう”って書いてあるから、3学期はいつもより早くテスト対策をはじめて、○○や××を行うことで英語もレベルアップしていこうね!」とプラスの改善提案をし、そして最後に「担任の先生は、○○(良いところ)って言ってくれてるね!2学期頑張ったからだね!」とコメントします。

私たちが塾生と行う面談では、もう少し詳しくお話していきますが、基本的には「ポジティブワード」だけで、「共感」「改善提案」「モチベーションアップ」をしているのです。

たったこれだけのことですが、子ども達のモチベーションには、大きく影響をしてきます。

明日、お子さんから通知表を渡されたら、ぜひ、「良いところを見つけ」、「プラスの声がけ」をしてみてください。いい意味でお子さんの表情が変わると思いますよ!!

2016年12月22日 17:42 |コメント|

星学院

0480-53-8882

埼玉県久喜市久喜中央
1丁目3番地13号

営業時間
13時00分〜22時00分
※休日や時間外は代表の携帯電話に転送されます

学院概要こちらから

モバイルサイト

星学院モバイルサイトQRコード

星学院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!