子どもを育てる・伸ばす教育塾。埼玉県久喜市|星学院

社会人経験をもつプロ講師が指導!
夢が育つ塾「星学院」

星学院

HOME星学院からのお知らせ ≫ 【講師ブログ】もっともっと英語に触れよう! ≫

星学院からのお知らせ

【講師ブログ】もっともっと英語に触れよう!

S__37978120
こんばんは!久喜本校講師の湯峯です。

大型連休も終わりましたが、ウチで過ごす日は続きそうです。そろそろ学校にも行きたいと思う方も中にはいるのではないかと思います。とはいえ、学校が始まるとなれば、授業についていけるのか、不安に感じるかもしれません。

そこで今回は、「もっともっと英語に触れよう!」をテーマにします。

①英語の文章を音読すること
日本語と同じように、英語も言葉です。英語を読むことで、英語独特のリズムや発音をつかむことができます。また、音読した文章を基にして、自分で文章を新たに創り出すことにもつながります。
 
特に、会話場面を音読する際は、登場人物の立場を意識して声を変えたり、感情を込めて読んでみると音読も楽しくなります。

②英単語の語彙を増やすこと
先ほども記載致しましたが、英語も言葉であるため、単語の意味が分からないと、何が書いてあるのかチンプンカンプンなままで終わってしまいます。英単語の意味を調べ、何が書いてあるかが分かると、目の前にある霧が晴れたかのような清々しい気分になります。
 
上記①・②は、英語を学習する方法として挙がる候補ではないかと思います。実際に学校の授業でも行われることです。しかし、それでも英語を難しいと感じることはありませんか?

それは、「英語を学校の授業で学ぶだけでは時間が十分ではないこと」が関係しています。
学校は、それぞれの教科ごとに学習時間が決められています。英語と日本語は同じ言葉であっても、その学習時間だけで日本語と異なる英語を習得することは簡単ではありません。

また、日本に住んでいる限り、英語が話せなくても生活するうえで困ることはほとんどありません。それも英語を学習したくなくなる理由にもなってしまいます。

この問題を解決するには、「英語に触れる機会を自ら増やすこと」にあると私は思います。
そこで③を提案致します。
 
③洋楽を聴いて、歌詞を見ないで歌えるようにする
音楽を聴くことが好きだという方にオススメの方法です。しかし、ただ聞き流すのではなく、歌詞を見ずに音楽に合わせて歌えるようになるまで何度も繰り返し、続けましょう!
 
そうすると、学校の授業を受ける時に、「あっ、この単語はあの曲で出てきた単語だ」という発見になって、英語の学習がより楽しくなります。

③は、私が英語を学習し始めた時から今も行っていることです。自分の興味・関心を英語と掛け合わせてみることで、“楽しい”学習につながるのではないかと思います。ぜひ、試してみてください。

【写真】
『飾りたい!贈りたい!すてきな花の折り紙』(2012)より「マコトローズ」
 
著者: 山口 真

星学院

0480-53-8882

埼玉県久喜市久喜中央
1丁目3番地13号

営業時間
15時30分〜22時30分
※休日や時間外は代表の携帯電話に転送されます

学院概要こちらから

モバイルサイト

星学院スマホサイトQRコード

星学院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!