子どもを育てる・伸ばす教育塾。埼玉県久喜市|星学院

社会人経験をもつプロ講師が指導!
夢が育つ塾「星学院」

星学院

HOME星学院からのお知らせ ≫ 【講師ブログ】先生の年齢は!? ≫

星学院からのお知らせ

【講師ブログ】先生の年齢は!?

S__32620554
こんにちは(^^)
星学院の貴志です。

星学院でも3月から、新時間割が始まりました。
私も中学3年生から、中学1年生(今はまだ6年生)に担当が変わり、心機一転です。

中学3年生を相手には、もはやリアクションももらえなくなっていた私のダジャレたちも、
小学6年生はニコニコ聞いてくれます。(ウケてはいない)


さて、初対面の生徒さんの心を解すべく、私が頻繁に使うテーマは「年齢」です。


①クイズパターン

まずは「先生は、何才に見える?」と問いかけるパターンです。

当たったら当たったで盛り上がりますし、

老若どちらかに「振り切った答え」が来ても、リアクションが取りやすく、簡単に盛り上がります。

ただし「講師の年齢」という、さして興味も無いであろうテーマを、

わざわざクイズにして、さらに回答を強いるというダブルプレーが、相手にストレスを与えないように注意が必要です。

とにかく、答えてもらったら速やかに正解を発表するリズム感が重要です。

求められてもいないヒントを繰り返し、トリプルプレーでゲームセットにならないように注意しています。



②永遠の18歳

続いては、日本中の学校・塾・各種教室で使われて過ぎて、もう味など残っていない

「先生は、、、、永遠の18歳です」というフレーズをご紹介します。

もはや「伝統芸能」に分類されるフレーズため、ウケるとか、スベるという次元で語ることは出来ません。

フッと「和む」確率が高いため、重宝しています。



③カマキリ

これはまだ試作段階ですが、

年齢をカマキリ換算するパターンです。

よく、犬を「人間でいうと~」というパターンがありますが、
アレのカマキリ版と考えて下さい。

ちなみにカマキリの寿命は「約1年」ですから、

34歳の私は「34回生まれ変わったカマキリ」となります。

間違いなく困惑の表情を浮かべるであろう相手に、

カマキリの寿命が1年であることから、懇切丁寧に説明するうちに

「カマキリで例える必要ある?」

という根本的な疑問を共有でき、心の距離はグッと近づくでしょう。


出会いの春が皆様にとって、素敵な季節になりますように(^^)

星学院

0480-53-8882

埼玉県久喜市久喜中央
1丁目3番地13号

営業時間
15時30分〜22時30分
※休日や時間外は代表の携帯電話に転送されます

学院概要こちらから

モバイルサイト

星学院スマホサイトQRコード

星学院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!