子どもを育てる・伸ばす教育塾。埼玉県久喜市|星学院

久喜の教育を「変える」塾、星学院。「教え」「育てる」教育塾です。

星学院

HOME星学院からのお知らせ ≫ 【塾長ブログ】成長するために最も必要なこと ≫

星学院からのお知らせ

【塾長ブログ】成長するために最も必要なこと

0000545532.jpg
こんばんは! 塾長の新井です。
またまたご無沙汰になってしまいすみません。
今日は「成長するために最も必要なこと」というお話をしていきたいと思います。
 
先週は、5日間教室をお休みにして、国内外で事業展開をする商社様の新入社員研修を行ってきました。具体的には、マナー研修と組織論をベースとしたビジネス研修を行ってきた次第です。
 
さすがはやる気に満ち溢れた方々だけあって、4日間でかなりの成長を見せてくれました。彼ら・彼女らを見ていて、私自身多くのことを学ばせていただきました。その中で最も大きな気付きとなったのが、「成長のために最も必要なことが何なのか」という点です。
 
さて、この「成長のために最も必要なこと」ですが、皆さんは何だと思いますか?(成長の定義は、特定の分野・事柄において、能力が伸長すること又は改善することとします)
 
「努力」「勉強」「気合い」など様々な答えが聞こえてきそうですが、私の中で出ている答えは違います。それは...
 
「問題意識をもつこと」
 
です。これは、新社会人に限った話ではありません。中学生や高校生の学習・部活でも同じことが言えます。
 
では、どのように問題意識をもって、どのような行動をしていけば良いのでしょうか。
 
私なりの答えですが、【ステップ1:理想を描く】【ステップ2:理想と現実のギャップを見つける】【ステップ3:ギャップを埋めるための方法を考え実行する】がベストな方法かと思います。そこで、ステップごとにどのような取り組みをしていったら良いのか考えてみましょう。
 
【ステップ1:理想を描く】
「1年後、自分はどのようになっていたいのか?」をイメージして言葉で表現できるようにしてみましょう。(1年後でなくても問題ありません。)
 
ちなみに理想像を描くときには3つの注意点があります。
 
①努力では叶えられない目標を立てない(NG例:宝くじ1枚を買って6億円を当てるなど)
 
②理想にマイナスの要素を考慮しておく(NG例:ずっと同じペースで成績が上がる)
 
③短期的に理想を手に入れようと考えない(NG例:1週間で偏差値30UPしたい)
 
理想像は見つけられましたか?? これが出来たら次に進みます。
 
【ステップ2:理想と現実のギャップを見つける】
 
当然ですが、理想というのは、現時点では出来ていないことを指します。そこで、何ができるようになれば、理想に近づくのかを見つけていきます。
 
ちなみに見つけるときのポイントは思い浮かべるのではなく、ノートなどに書き出すことです。また、書き出すときは極力具体的に書くよう心がけると良いと思います。
 
【ステップ3:ギャップを埋めるための方法を考え実行する】
 
さて、ここからが最も肝心なところです。ギャップを埋めるための方法を考えていきましょう。この時に大切なことは、「いつ、どこで、何を、どれくらい」すれば良いのか考えることです。
 
学習で例えると、「毎日20時00分~20時30分は、自分の部屋で、10個新しい英単語を覚える。」といったことが挙げられます。
 
この【ステップ1】から【ステップ3】までを抜かりなく行っていけば、ある程度理想に近づくことが可能です。この考え方は、学習のみならず、部活などでも活用できるほか、日常生活の様々な場面で役立ちます。
 
 
問題意識と具体的な解決策をもって成長に繋げる。星学院(スターライトワークス)では、この方法で更なる成長をサポートしていきます!
 
 
塾長:新井
電話:0480-53-8882(月~土・14時00分~22時30分)
E-mail:ryohei.arai@hoshi-gakuin.com

星学院

0480-53-8882

埼玉県久喜市久喜中央
1丁目3番地13号

営業時間
13時00分〜22時00分
※休日や時間外は代表の携帯電話に転送されます

学院概要こちらから

モバイルサイト

星学院スマホサイトQRコード

星学院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!