子どもを育てる・伸ばす教育塾。埼玉県久喜市|星学院

社会人経験をもつプロ講師が指導!
夢が育つ塾「星学院」

星学院

HOME ≫ 星学院からのお知らせ ≫

★★★塾長ブログ・今日のひとこと★★★

【塾長ブログ】「やればできる子」は正しくは「できるからやる子」なんです!

S__9306119
こんばんは。塾長の新井です。
今日は「やればできる子なのではなく、できればやる子」というお話をしていきたいと思います。
 
私は、仕事柄、当塾の生徒様・保護者様に限らず、多くのお子様に関わることがあります。その時によく「うちの子は、やればできる子だと思うんですが…」といったお話を伺うことがあります。
 
この「やればできる子」という言葉について、私も同じ考えを持っていますし、それ自体が間違いだとも思いません。
 
しかし、学習の当事者である子どもたちの考えは少し違います。多くの子どもたちは「やればできる」のではなく「できるからやる」(「できないからやらない」)という逆の考え方をしているのです。
 
例えば、平均点が60点くらいの中学校の数学のテストがあり、これで40点くらいの成績をとる子がいたとします。
 
このくらいの成績層の子たちの多くは、「やればできる」という言葉の通り、学校ワークの繰り返し学習をしたり、基礎を完璧に固めた上で標準レベルの問題演習をしたりすれば、簡単に平均点を超える結果を出してくれます。
 
しかし、実際はそんなに簡単な話ではありません。
 
学校ワークの繰り返しを行えなていなかったり、基礎固めの段階で学習をやめてしまったりすることが多く、結果として成績も足踏み状態になってしまうことが多いのです。
 
「あー分かる!」という声が聞こえてきそうですね笑
 
なぜか!? 理由は簡単。「できないからやりたくない」という気持ちがあるからです。
 
では、どう対策をするかというところですが、方法は意外とシンプルです。
 
①問題意識をつける
 
上記の成績層の子たちは、「できないからやりたくない」という想いはあるものの、このままでは良くないということを認識していることが多いです。だからこそ、生徒の皆様に状を変えたいと本気で思うか?」という質問を投げかけます。
 
百発百中でYESとお答えいただけます。
 
②うまくいく(できる)イメージをつける
 
幸田露伴という近代文学を代表する作家の著書に『努力論』という本があります。ここでも述べられていますが、物事がうまくいかないときは、うまくできる人に助けてもらうということが必要です。
 
学校の先生でも、お友達でも私たちのような塾の講師でも誰でも良いので、うまくいく方法を知っている人に、自分の何を変えたらよいのかを指摘してもらってください。(ポイントは、その子が素直にアドバイスを受け入れられる人から助言をもらうことです)
 
その時に、ただ時間をかければ良いといったアドバイスを受けてもうまくいかないので、熱量を変えなくてもうまくいく方法を考えてもらい、お子様自信に、うまくいくイメージを作っていただけるようにすることがポイントです。
 
③小さなスモールステップを用意し、達成したら共に喜ぶ
 
冒頭でもお話したように、子どもたちは「できればやる」ようになりますので、「できる」ということを認識してもらうための小さなスモールステップを用意します。そして、それが達成できた時は褒めるのではなく、一緒に喜んであげてください。
 
ここまでできれば、あとは③を繰り返し行い、学習を進めていくだけです!
 
成績が単に上がれば良いという考え方は少し違うかもしれませんが、頑張ったら頑張った分だけ成果がほしいですよね!
 
ぜひ「できるからやる」という子どもの気持ちを理解した上で、それをかきたてるようなサポートをしていきたいですね! 私たちもそうできるよう頑張ります!
 

【講師ブログ】複数ある選択肢から自分に合った選択を選ぶ方法(進路選択編)

写真③
こんにちは!
星学院の湯峯です。
 
先週に梅雨入りが発表されましたが、このブログを書いているときはウソみたいに晴れています。気温が高くなると、私は冷たくて甘いものを食べたくなります。私は、優柔不断な性格なのでいつもカップアイスかアイスキャンデーを食べるかで迷い、時間がどんどん過ぎていってしまいます(笑)
 
皆さんは、何かを選ぶときに即決できるタイプでしょうか?何かを選ぶときに、すぐに答えを出すことは難しいですよね…
 
そこで、今回は「複数ある選択肢から自分に合った選択を選ぶ方法」について、お話していきたいと思います。
 
まず、結論ですが、「選択肢のいいところとよくないところを挙げていき、点数をつけていくこと」が大切です!
 
例えば、進路選択を例に考えてみましょう。A学校、B学校、C学校の3つの選択肢があり、その中から進学先を迷っているとします。この3つの学校の良いところと自分にとって良いとは思えないところを次のようにまとめました。
 
A学校
(良いところ)
 ⇒通学時間が自転車で30分、学校行事がたくさんある
(自分にとって良いとは思えないところ)
⇒入ってみたい部活動がない
 
B高校
(良いところ)
⇒入ってみたい部活動がある、将来なりたい仕事に関わる専門コースがある
(自分にとっては良いとは思えないところ)
⇒通学時間が電車だと1時間以上かかる
 
C高校
(良いところ)
 ⇒入りたい部活動で全国大会に出場経験がある、受けてみたい授業がある
(自分にとっては良いとは思えないところ)
 ⇒ルールが厳しい
 
さて、これから点数をつけていきます。点数のつけ方に決まりはありませんが、今回は、(良いところ)は点数をプラスする、(自分にとっては良いとは思えないところ)は点数をマイナスするという方法で進めていきます。
 
※点数は、あくまで私が当時中学生だったときの感覚で、なんとなくつけています。
 
A高校:合計-3点
(良いところ)
 ⇒通学時間が自転車で30分(+5)、学校行事がたくさんある(+2)
(自分にとっては良いとは思えないところ)
⇒入ってみたい部活動がない(-10)
 
B高校:合計7点
(良いところ)
⇒入ってみたい部活動がある(+5)、将来なりたい仕事に関わる専門コースがある(+10)
(自分にとっては良いとは思えないところ)
⇒通学時間が電車だと1時間以上かかる(-8)
 
C高校:合計2点
(良いところ)
 ⇒入りたい部活動で全国大会に出場経験がある(+2)、受けてみたい授業がある(+10)
(自分にとっては良いとは思えないところ)
 ⇒ルールが厳しい(-10)
 
このように点数にしていくことで、普段あまり意識していなかった「自分が何を大切に思っているのか」が見えてきます。
 
「人生は選択の連続」なんて言葉を聞いたりします。自分が納得できる選択をして、過ごしていきたいですね^^

※写真はコロナ前のものを使用しています。

【お知らせ】塾生の募集状況について

S__7503886
こんにちは。塾長の新井でございます。
 
ここ最近多くのお問合せをいただいておりますので、2月13日(日)時点での塾生募集状況をまとめさせていただきます。なお、当塾は、社会人経験をもつプロ講師が責任をもって指導することを目的として、受入数の上限を設定しております。誠に恐縮ですが、満席の場合は、何卒ご容赦いただきたくお願い申し上げます。
 
<小学生個別指導>

残3名様
 
<中学生個別指導>

新中1生(現小6生):残3名様
新中2生(現中1生):満員
新中3生(現中2生):満員
全ての学年で、3月スタートの生徒募集は終了しました。現塾生の受講状況により空席が出ることもございます。ご希望の方は、お手数ですが、お問合せください。
 
<中学生少人数集団指導>

新中1生(現小6生):残3名様
新中2生(現中1生):満員
新中3生(現中2生):残2名様
新中2年生に関して募集は終了しました。新中1生・中3生に関しても残りわずかとなっております。ご希望の方は早めにお問合せください。
 
<高校生対面授業>

満員
教科指導・総合型選抜対策いずれのコースも3月スタートの募集は終了いたしました。現塾生の受講状況により空席が出ることもございます。ご希望の方は、お手数ですが、お問合せください。
 
<ハイスクール@will:高校生映像授業>

残4名様
残席がわずかとなりました。大学受験対策をご検討中の方は、早めにお問合せください。
 
<不登校など特別な支援が必要な方向け個別指導>

残2名様
残席がわずかとなりました。ご希望の方は、早めに落ち合わせください。
 
【お問合せ先】
星学院久喜本校
0480-53-8882
(塾長:新井)
 

【塾長ブログ】中1・中2の成績も入試で評価される!?

写真③
こんにちは。塾長の新井です。
今日は「中1・中2の成績も入試で評価される!?」というお話をしていきたいと思います。

2月になりました! 3年生は公立高校入試、1,2年生は学年最後の期末テストが迫っています。

実は「入試」と「定期テスト」は、直接つながっていることを知っていましたか?

埼玉県の入試では1.2年生の通知表の評定が、そのまま入試の点数にカウントされます。通知表の評定は、もちろん定期テストの成績が反映されますから、実質的に定期テスト=高校入試 というワケです。

私たち(32歳)の時代は、

「中3の夏、部活が終わってから頑張ろう!」

という考え方も往々にしてありましたが、今の埼玉県公立入試では、制度的に通用しないのです。

中3の夏から頑張ることはもちろん、大切なのですが、中3の夏からどれほど頑張っても、中1、中2の通知表の評定分を取り返すことは不可能です。この事実が意外と知られていません!

大切なことなのでもう一度言います!

埼玉の高校入試は、中1、中2の成績が、高校入試の「点数」になります!

出来るだけ早く、この制度を知って学習に取り組んだ方が「有利」です!

※どの程度通知表の評定が点数化されるかは、学校によって異なります。
詳しくは、こちらのリンクからご確認ください。
https://www.pref.saitama.lg.jp/f2208/r4senbatsu-kizyun.html

今、目の前の学習がどこに繋がっているか。

未来を見据えて、学習に取り組みましょう!

【塾長ブログ】文系はオワコン!?そんなことはない!

8CB5E1D3-E57D-453C-B80C-96A3783CADB8
こんばんは! 塾長の新井です。
今日は「文系はオワコン!?そんなことはない!」というお話をしていきたいと思います。
 
先日、あるファストフードチェーンに立ち寄った際、高校生のグループが進路に関してお話をしていました。(結構大きな声だったので、聴き耳を立てていなくても聞こえてきた次第です。)その会話はこんな感じでした。
 
Aさん:「進路どうする?」
Bさん:「医療系かな」
Aさん:「医療とか興味あったっけ?」
Bさん:「別に興味がある訳じゃないけど、資格もってれば一生食いっぱぐれないでしょ」
Aさん:「確かに、文系の大学進学とかオワコンだよね」
 
表現は若干違うかもしれませんが、そんな感じの会話だったことは間違いありません。
 
ちなみに、オワコンとは、「終わったコンテンツ」の略で、「ブームが去り、時代に合わなくなってしまったこと」を指す若者言葉です。
 
ここで疑問です。本当に「文系はオワコン」なのでしょうか…?
 
確かに医療系の資格を取得すれば、就職に関して大きなアドバンテージを得ることができます。また、理系で技術を身に付けても同様です。
 
しかし、私は、必ずしも文系がダメだとは思いません。
 
私のことを知っている皆さんはご存知のように、私は大学も大学院も文系の分野を専攻していました。
 
大学生の頃は、確かに理系の同級生が実験やレポートで多忙を極める中、比較的自由にできる時間が沢山あったように思います。
 
その時間を使って、私は、周りの人よりも多く旅行に出かけました。国内は47都道府県を全て制覇しましたし、海外を放浪したこともありました。
 
そこで、多くの人と出会い、多様な考え方の人がいることを知り、その人たちが持つ文化に興味を持ち...といったように人について多面的に学びました。
 
そして、生き方に関しても、出会った人たちから多くのことを教えてもらいました。生き方は一様ではないと知ったのも大学生の頃のことです。
 
その後、私は航空会社に就職をし、法人営業の仕事に従事することになりました。しかし、仕事は、楽しかったものの、その仕事を一生続けていきたいとは思うことができませんでした。
 
そこから、転職をして、コンサルタントとして働いていたこともあります。
 
そして、紆余曲折を経て、今の「人を育てる仕事」に出会ったという訳です。
 
その後、起業をして数年経ったころに、大学院時代の恩師であるスターバックスジャパン元CEOの岩田松雄先生とお会いしました。その際「楽しそうに仕事してるな...」と言われ、これが天職なのだと気づきました。
 
話が長くなりましたが、私が思う文系に進む強みは、ラフティング(川下り)のように、色々な経験をしながら自分らしい生き方を見つけられることにあると思います。
 
もちろん、夢があり、それに向かって山を登るようなキャリア形成(クライミング型キャリア形成)をするのも1つの正解です。
 
しかし、色々な経験を積みながら自分らしい生き方を手に入れるラフティング型のキャリア形成も、正解の1つでしょう。
 
だからこそ、文系=オワコンではないと思うのです。
 
進路もキャリアも十人十色。中学生や高校生の頃から、職業だけではなく、どんな生き方をしたいのかという点にも焦点を当てて、未来を描いていただけたらと思います。
 
星学院では、そんな十人十色の夢を描くお手伝いを今後も続けていきます。
 

【塾長ブログ】夢は叶う!

S__37289993
こんにちは! 塾長の新井です。
今日は「夢は叶う!」というお話をしていきたいと思います。
 
ちょうど、今日、ZOZOTWONを運営する会社の創業者であり実業家の前澤友作さんが、日本の民間人としては初めて宇宙旅行に向けて出発しました。
 
前澤社長は、インタビューの中で、「幼いころから宇宙に対しての憧れがあった」と語っており、2018年には、SpaceX社の大型宇宙船「Starship」に乗って月を周回する旅行に行くと明言していました。
 
なお、この月周回旅行は、2023年に計画されており、今回はその前段として地球軌道上を周回する国際宇宙ステーション(ISS)への旅行を実施したということでした。
 
出発直前、カザフスタンのバイコヌール基地から投稿されたTwitterに「夢は叶う」と書かれていたのですが、私はこれを見た瞬間、そのカッコよさに鳥肌が立ちました。
 
インターネット上のコメントを見ると、決してポジティブな意見ばかりではないのですが、私は、大人になっても夢を追い続ける姿勢や、前澤さんの大人を全力で楽しんでいる姿が本当に素敵だと思いました。
 
もちろん、今日の状況では、誰しもが宇宙旅行に行けるわけではありません。しかし、誰しもが夢を持つことは可能だと思います。
 
それが、職業であっても、生き方であっても、欲しいものを手に入れることであっても、何でも良いでしょう。
 
また、1つに絞る必要もありません。
 
1度しかない人生、手に入れたいものは全部手に入れるくらいの大胆さがあっても良いのではないでしょうか…
 
憧れや夢があると、そのために頑張ろうと思えますし、前へ進む大きな推進力となります。ロケットのように。
 
子ども達には、ぜひそんな未来を見てもらいたいものです。
 
そのために、まずは大人が夢を持っている姿を示していかないといけませんね! 前澤さんの宇宙旅行のニュースを見て、そんなことを感じた今日この頃です。
 
今週末、塾長は夢いっぱいの旧友たちと会ってきます!
 

【お知らせ】生徒募集の開始について

444EDD8C-9F36-454A-A231-0C9D6913DD7B
<残席情報を12月12日にアップデートしました>

こんにちは! 塾長の新井です!
今日は、次年度に向けた生徒募集の案内をさせていただければと思います。
 
星学院は、大学生のアルバイト講師が授業を行うのではなく、少人数集団指導・個別指導・マンツーマン指導のいずれも、社会人経験をもつプロ講師が授業を担当しています。また、原則として通年で同じ講師が担当をさせていただいております。このようにすることを通じて、子ども達の個性や特徴を把握した上で、ベストな学習計画を立てられるようにしている次第です。
 
一方で、3名のプロ講師が直接指導を行うことと、中途半端な指導をしないことを目的として、各コースに定員を設定させていただいております。定員になり次第、募集を締め切らせていただきますので、ご希望の方はお早めにご相談ください。
 
また、ご面談や体験授業を先行して行い、入塾は3月からといったご予約も受け付けております。詳細は、気兼ねなくお問合せください。
 
ぜひ、お子さんのことを一緒に考えていきましょう!
 
 
募集を行う学年・コースは以下の通りです。
 
<小学生(小学4年生~6年生)向け>
・個別指導エントリーコース(残り4枠)
通塾日数:週1日(通塾曜日・時間はご相談)
月コマ数:4コマ(1コマ60分)
月額費用:15,378円(税込)
内容:国語・算数・理科・社会・英語から1教科選択
 
※中学受験対策をご希望の方は、別にコース設定がございます。気軽にお問合せください。
 
<中学生向け>
・個別指導ベーシックコース
(残り2枠)

通塾日数:週2日(通塾曜日・時間はご相談)
月コマ数:8コマ(1コマ60分)
月額費用:28,578円(税込)
内容:国語・数学・理科・社会・英語から2教科選択
 
・個別指導アドバンスコース
(残り1枠)

通塾日数:週3日(通塾曜日・時間はご相談)
月コマ数:12コマ(1コマ60分)
月額費用:39,578円(税込)
内容:国語・数学・理科・社会・英語から2~3教科選択
 
・新中学1年生(現在小学6年生)少人数集団指導コース
(残り4枠)

通塾日数:週2日(火・金19時55分~22時00分)
月コマ数:16コマ(1コマ60分)
月額費用:28,578円(税込)
内容:数学・英語学校先取り
 
・新中学3年生(現在中学2年生)少人数集団指導コース
(残り1枠)

通塾日数:週2日(木・土19時55分~22時00分)
月コマ数:16コマ(1コマ60分)
月額費用:28,578円(税込)
内容:数学・英語学校先取り
 
※新中学2年生(現在中学1年生)の少人数集団指導コースは既に定員を満たしているため、募集をしておりません。
 
<高校生向け>
・マンツーマン指導エントリーコース(対面・オンラインいずれも対応)
(残り2枠)

通塾日数:週1日(通塾曜日・時間はご相談)
月コマ数:4コマ(1コマ60分)
月額費用:23,100円(税込)
内容:英語・数学ⅠA・大学推薦入試対策・小論文指導・面接指導等
 
※この他に、高校の授業対策・大学の受験対策向けの映像授業のコースや、映像授業と個別指導・マンツーマン指導との組み合わせプランもございます。映像授業に関しては“こちら”をタップ・クリックしてください。
 
 
お問合せに関しては、電話(0480-53-8882)若しくはお問合せフォーム(こちら)から行っていただけます。
 
お問合せ後、ご面談を受けていただき授業方針を決めた上で、体験授業(2週間)を受講いただけます。
 
最終的に体験授業後に入塾可否を判断いただきますが、お子さんに合う塾をお選びいただくのが重要なことだと思いますので、私どもからの繰り返しの勧誘はいたしません。
 
 
ぜひぜひ、皆様からのお問合せをお待ちしております。
 

【塾長ブログ】学習の質を上げるには?

211129
こんにちは!
塾長の新井です。いよいよ中学生・高校生は期末テストシーズンに突入です。ガツガツ学習に頑張る姿は、緊張感があって良いですね^^
 
さて、今日は「学習の質とは?」というお話をしていきたいと思います。
 
おそらく、ほとんどの方が、成績を上げるには、「学習の時間」と「学習の質」を向上させることが大切だとご存知だと思います。
 
学習時間は分かりやすいので良いのですが、「学習の質とは?」と問われると、答えるのがなかなか難しいですよね。
 
この学習の質というのは、簡単に言えば「×を〇にするトレーニングができているかどうか」ということだと思います。
 
特に中学生の学習を見ていると、学校の各教科のワークを解いて、間違えたところを赤ペンで書いて終わりということがよくあります。しかし、これでは、どこが分からなかったのかが判明しただけで、×を〇にすることにはつながりません。つまり点数を上げる練習ができていないということです。
 
この状態だと、せっかく学習時間をかけたのに、ほとんど無駄で終わってしまいます。
 
これに対しての改善方法ですが、当塾で行っているのは、間違えた問題や、たまたま〇になってしまった問題に蛍光ペンなどで印をつけて、解答・解説をよく読んだ上で、別に用意した解き直しノートに解くという方法です。
 
また、解き直しは、学習直後に1回、少し時間をおいてもう1回、そして、テスト前にラスト1回といったように繰り返し行うと尚良しです!
 
このようにすることで、×を〇に変えることができ、点数上げに繋げられます。
 
ただ、学習時間をかけるだけでは成績は上がりません。また、ただワークを解くだけでも成績は上がりません。大切なことは、×を〇にする学習をしていくことです。ぜひ、テストの際は、実践してみてはいかがでしょうか?
 
なお、星学院では、プロ講師がこういった指導のサポートを行い、分からないところは自習サポート専門のスタッフが解説させていただいております。塾生の皆さんはどんどん教室を活用してくださいね!
 

【講師ブログ】折り紙の技術が宇宙にも使われている!?

S__43212810
こんばんは!星学院の湯峯です。
私は「折り紙」が好きで、今でも本を見ながら作品を折ります。

作品ができると嬉しいのですが、途中から折り方が分からなくなり、「う~ん…」と頭を悩ませてしまった思い出がある方も多いのではないでしょうか。

今回は、私の好きな折り紙で面白いと思うことを簡単に紹介させていただければと思います。

①「子供の遊び」の枠を越えて…

 教育の場や社会福祉施設などのリハビリテーションで、指先の運動に役立つものとして注目されています。また国内を越えて、“Origami”として世界の人々をも魅了しています。特にびっくりするのが、折り紙愛好家によって結成された折り紙団体が世界に複数存在します。
 
 1枚の紙さえあれば、いつでも、どこでも、だれでも楽しめることができるのが折り紙の強みです。

②折り紙の起源は、分かっていない!?

 今や日本文化として定着している折り紙ですが、その起源ははっきりしていません。それどころか、実はヨーロッパから伝わったものではないかという説もあります。

③宇宙分野に貢献した折り紙の技術

 燃料を使わずに、太陽の力を利用して進める宇宙ヨットであるIKAROSが、2010年に打ち上げられました。しかしこのIKAROSをロケットで打ち上げる際、折りたたんでコンパクトにしなければならないという課題がありました。

 折りたたんでコンパクトに…もう言わなくても平気ですね(^^)
 折り紙の良さが、宇宙分野の技術開発にも影響を与えたのでした。

今年は桜の開花も例年より早いそうです。
最後に「桜」を紹介して、終わりにします。

<出典>
『たのしいおりがみ事典』(2001)
山口真著

<折り紙から宇宙ヨット開発について>
https://www.athome-academy.jp/archive/space_earth/0000001060_all.html

【講師ブログ】先生の年齢は!?

S__32620554
こんにちは(^^)
星学院の貴志です。

星学院でも3月から、新時間割が始まりました。
私も中学3年生から、中学1年生(今はまだ6年生)に担当が変わり、心機一転です。

中学3年生を相手には、もはやリアクションももらえなくなっていた私のダジャレたちも、
小学6年生はニコニコ聞いてくれます。(ウケてはいない)


さて、初対面の生徒さんの心を解すべく、私が頻繁に使うテーマは「年齢」です。


①クイズパターン

まずは「先生は、何才に見える?」と問いかけるパターンです。

当たったら当たったで盛り上がりますし、

老若どちらかに「振り切った答え」が来ても、リアクションが取りやすく、簡単に盛り上がります。

ただし「講師の年齢」という、さして興味も無いであろうテーマを、

わざわざクイズにして、さらに回答を強いるというダブルプレーが、相手にストレスを与えないように注意が必要です。

とにかく、答えてもらったら速やかに正解を発表するリズム感が重要です。

求められてもいないヒントを繰り返し、トリプルプレーでゲームセットにならないように注意しています。



②永遠の18歳

続いては、日本中の学校・塾・各種教室で使われて過ぎて、もう味など残っていない

「先生は、、、、永遠の18歳です」というフレーズをご紹介します。

もはや「伝統芸能」に分類されるフレーズため、ウケるとか、スベるという次元で語ることは出来ません。

フッと「和む」確率が高いため、重宝しています。



③カマキリ

これはまだ試作段階ですが、

年齢をカマキリ換算するパターンです。

よく、犬を「人間でいうと~」というパターンがありますが、
アレのカマキリ版と考えて下さい。

ちなみにカマキリの寿命は「約1年」ですから、

34歳の私は「34回生まれ変わったカマキリ」となります。

間違いなく困惑の表情を浮かべるであろう相手に、

カマキリの寿命が1年であることから、懇切丁寧に説明するうちに

「カマキリで例える必要ある?」

という根本的な疑問を共有でき、心の距離はグッと近づくでしょう。


出会いの春が皆様にとって、素敵な季節になりますように(^^)

星学院

0480-53-8882

埼玉県久喜市久喜中央
1丁目3番地13号

営業時間
15時30分〜22時30分
※休日や時間外は代表の携帯電話に転送されます

学院概要こちらから

モバイルサイト

星学院スマホサイトQRコード

星学院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!